スケジュール調整のポイントを押えてすぐにマンション売却をしよう

すぐに注文住宅に住みたい人必見~マンション売却のスケジュール~

マンション売却はスケジュール調整が大事

不動産模型

1年以内にマンション売却を成功させて、注文住宅を建てたいという場合は、スケジュール調整が非常に重要になります。

スケジュールを立ててマンション売却を行なう

マンション売却では、余裕を持ってスケジュールを決めることが大事です。買い手と契約をしても、手続きにある程度の時間がかかるからです。期限のギリギリにスケジュールを立ててしまうと、注文住宅の購入まで間に合わない可能性まで出てしまいます。7月の頭に契約をして、売買代金を受け取ったり物件の引き渡しをしたりするのは、8月の中旬というケースも多いです。焦らずにマンション売却をするためにも、期限の1ヶ月前までには契約をするようなスケジュールにしておきましょう。

マンション売却の理想的なスケジュールは「6ヶ月」

マンション売却の理想的なスケジュールと言われているのは、6ヶ月です。6ヶ月よりもスケジュールを短く設定して、売り急いでしまうと、後悔する可能性があります。納得できるマンション売却をするためにも、6ヶ月はスケジュールを確保しておいたほうが良いです。 売却を始めて、なかなか買い手が見つからず、スケジュール通りにいかないという場合は不動産会社のアドバイスに従いましょう。売却のプロの意見を参考にすれば、マーケットの変動や買い手に合わせた販売活動をしてくれます。

失敗のない不動産売却は不動産会社選びが重要

すぐにマンション売却をして、注文住宅に住みたいという人は、スケジュール通りに売却を進めるためにも不動産会社選びが重要になります。

所有不動産の近郊にある会社を選ぶ
所有している物件をなるべく高く売るには、物件の内容をきちんと把握している不動産会社に取引を依頼する必要があります。所有している物件から遠く離れた場所に存在する不動産会社は、物件の利便性などを理解していないことが多いです。そのため地元の不動産会社以外に査定を申し込むと所有している物件の価値がしっかり理解されず、物件の価格をアップさせることができません。マンション売却などを依頼する際は地元の不動産会社に協力を依頼しましょう。
不動産会社との相性を確認
不動産会社も人間ですから、相性が合う時もあれば、合わない時もあります。スムーズにマンション売却を進めるためにも、相性が合う不動産会社を選ぶようにしましょう。相談がしやすく、相性が良い不動産会社なら、自分のマンションの良さを買い手にしっかり伝えてくれます。また、注文住宅を購入したいと伝えて、それを考慮した上でスケジュール調整を行なってくれるかどうかも確認しておきましょう。
複数社の査定を比較する
相性が良い不動産会社を効率良く探すためにも、複数社に査定を依頼して、比較したほうが良いです。1つの不動産会社だけでは、思っていた金額よりも安かったり、スケジュール通りにいかなかったりします。金額にもスケジュールにも満足した上で、マンション売却をするためにも、複数社の査定を比較しましょう。

物件を売却する際は慎重に不動産会社選びを行ないながら、顧客にとって魅力的な物件を維持する必要があります。

注文住宅を買うならハウスメーカー探しも必要

マンション売却を上手に行ない、注文住宅を購入する際はその道のプロに依頼をすることが必要です。不動産会社とは異なり、ハウスメーカーのプロを探して依頼することが大切なので、下記サイトを参考にして依頼先を検討しておきましょう。

注文住宅メーカーが見つかるおすすめサイト

リフォームを施すことで売却代金は上がる?

所有している物件の魅力を顧客へと伝えることができれば、物件を迅速に売却することができます。しかしただ単にリフォームを実施するだけでは物件の魅力はアップしないため、物件の改装などを行なう際は注意する必要があります。

大規模リフォームだとすぐに売れないかもしれない?

大規模リフォームをして、外装も内装も新しくすれば、買い手が見つかりやすくなると思っている方は多いです。しかし場合によっては、売却するまでに時間がかかってしまうこともあるので気をつけましょう。 リフォームをすれば、外装や内装、設備は新しくなりますが、築年数は変わりません。築年数は、不動産の査定額に大きく関係しているため、リフォームをしても不動産の価値が上がる訳ではないのです。そのため売却希望金額と査定金額に差が出てしまい、スムーズに売れなくなってしまいます。

リフォームのせいですぐに売却できなかった人の声

買い手が決まるまでに時間がかかりました(50代/男性)

マンションを売却する際に、良かれと思い自分の判断で大規模なリフォームを行ないました。その後、マンションを売りに出した際、リフォーム費用を販売価格に上乗せしたことにより、相場価格よりも高い価格になってしまったのです。近隣で売りに出されているマンションは次々と売約済みとなるのに対し、私の物件は問い合わせすらもなく時間だけが過ぎていきました。結局、販売価格を下げることで売却できましたが、リフォームにかかった費用は実質自己負担となってしまったのです。売却時のリフォームに関しては、事前に不動産会社に相談しておくべきだったと反省しています。

このようにリフォームした住宅がスムーズに売却できないのは、近年主流化しているリノベーションの影響があります。買い手の核心に迫ることで、リフォームの必要性がわかるでしょう。

買い手の本音に迫る~リフォームの必要性~

住宅によっては簡易的なリフォームだけで充分です(40代/男性)

快適な生活を楽しむために中古物件を購入しました。販売されている物件の中にはリフォームが実施された物件も多く存在していましたが、物件価格が高かったので手が出せませんでした。今回購入したのは積水ハウスの注文住宅だったのですが、自由にリノベーションを行なうことができて物件の価格も比較的安かったので非常に満足しています。自分の生活スタイルに合わせて物件をリフォームできたので、現在の生活はとても快適です。中古物件を購入する方の多くは購入後に住宅を自分のスタイルに合わせて改装することが多いので、物件を売却する際は簡易的なリフォームや清掃を実施しておくだけで十分だと感じています。また物件を購入する際は、今回と似たような物件を購入したいです。

簡易的なリフォームなら時間はかからずすぐに売却可能

リフォームに多額の資金を投資することは不必要なことですが、室内に劣化した状態の設備が存在する場合は簡易的なリフォームを実施しなければなりません。傷んだ壁や破れたふすまなどは物件の状態を悪く見せてしまい、購入者が現れるまでの時間が長くなってしまいます。 また清潔感のある外観を維持するためには、物件を定期的に清掃するのが適切です。水回りなどもきちんと手入れしておけば、カビなどの汚れが無い綺麗な物件を維持することができます。

すぐに売却したい人へワンポイントアドバイス

リフォームの是非や売却に関するスケジュール調整一度相談しましょう(不動産会社勤務)

簡易的なリフォームは、すぐに売却にするためにも、必要不可欠なので行なうべきです。ただ、購入希望者の中には、全面リフォームを最初から予定していて、中古物件を探している方もおられます。大規模リフォームは、必要な場合とそうでない場合があるので、不動産会社に住宅の状態を見てもらい判断してもらうと良いでしょう。

スケジュール通りにマンション売却を行なうためには、買い手が魅力的な物件と思えるようにしておくことが大切です。

TOPボタン