スケジュール調整のポイントを押えてすぐにマンション売却をしよう

マンション売却に必要なリフォーム・すぐに注文住宅へ移るためのコツ

マンション売却に必要不可欠なリフォーム

紙幣

マンション売却を行なうためには、購入希望者への印象を良くするために、ある程度のリフォームが必要になります。ここで紹介するリフォームにかかる期間を参考にして、スケジュールを立ててみましょう。

リフォームは内見を行なう前に

内見の印象が悪く、購入検討を外すというケースは少なくありません。第一印象を良くするためにも、内見を行なう前にリフォームを行なっておくべきです。特に、古い住宅の場合は、古臭い印象があったり汚れていたりすることが多いので、購入希望者を引きつけるためにもリフォームは重要です。リフォームをして印象が良くなれば、売却価格を高くできることもあります。不動産会社に相談して、リフォームのスケジュールを調整しましょう。

必要なリフォームにかかる時間

クロスの張替えリフォーム
クロスの張替えリフォームの手順は、まずクロスを剥がすことから始まります。そして下地を調整して、下地を乾かしたら、新しいクロスを張って完了です。4LDKのクロスを全て張り替える場合は、1週間~2週間程度の期間はかかります。【クロスの張替え工期:1~2週間】
フローリングのリフォーム
フローリングのへこみやキズを直すリフォームなら、1ヶ所45分程度で行なうことができます。もちろんへこみやキズの範囲が大きいと、それ以上の時間がかかりますが、幅0.5センチ、長さ5センチ程度なら45分でリフォームできます。フローリングの張替え工事となると、へこみ・キズのリフォームよりも、作業の範囲が広く、手順が多いため時間がかかります。作業手順は、まず床を綺麗に掃除して、現在の床を剥がします。床の凹凸を無くすために、下地を補修します。そして、新しい床を張ったら、仕上がりを確認し清掃をして作業終了です。リビング、洋室、廊下の床を全て張り替える場合は、2週間程度かかります。【へこみ・キズのリフォーム:45分】 【フローリング張替え:2週間】

必要最低限のリフォームでは、このような期間が必要になるので、把握しておきましょう。

リフォーム会社選びに関するQ&A

大手のリフォーム会社は安いという訳ではないのですか?
大手のリフォーム業者は多額の広報費を消費して、ショールームを多数作ることが多いため、非常に色々な場所で資金を消費しています。そのためマージンも多く発生してしまい、結果として施工費用が高額になってしまう可能性が高いです。なるべく安い金額でリフォームを完了させておきたい場合は、大手のリフォーム業者を利用せずに地元の業者へ相談を行ないましょう。地元の業者へ施工を依頼しておけば、多額の施工費用を準備する必要はありません。
見積もりを比較する際のポイントを教えてください
施工費用を比較する際は工事の内容が似ていることを確認しておき、少ない資金でスムーズに施工を進めることができるようにしましょう。違う施工内容の工事で費用を比較しても、施工費用を節約することはできません。また見積もりを依頼した際はそれぞれの業者によって違った表示形式で掲示されるので、情報を比較する際は気をつける必要があります。すぐに見積もりの比較を完了させるには、見積もり内容がわかりやすい業者に依頼を行なうのが最適です。
その他に優良企業を見極めるコツはありますか?
信頼してリフォームを依頼することができる業者を選ぶには、業界団体へと加盟を行なっているリフォーム業者を選択するのが最適です。業界団体に加盟している業者には悪徳業者がほとんど存在しないため、リフォームを申し込んでも高額な費用を請求されたり施工時間が長くなったりすることはありません。現在では様々なタイプの業界団体が存在しているので、リフォーム業者を選ぶ際はまず一度色々な団体をチェックしてみましょう。

マンション売却を早く行ないたいからと言って、急いでリフォームをしてしまうと、失敗するリスクが高まります。後悔しないマンション売却をしたいなら、スケジュールに余裕を持って、取り組んだほうが良いです。

マンション売却をすぐに成功させるには内見が重要

マンション売却の内見で重要になるのは、買主に購入したいという気持ちを出させることです。ここでは、内見が成功するコツを紹介します。

内見の前にハウスクリーニングが必要

ハウスクリーニングはしたほうがいいですか?
お風呂や、トイレ、キッチンの汚れが原因でなかなか売却できないというケースは非常に多いです。購入後によく使われる場所なので、水回りの清潔さはとても重要です。ですから内見で良い印象を与えるためにも、ハウスクリーニングをして綺麗にしておいたほうが良いでしょう。また、水回りだけではなく、自分だけでは完全に綺麗にできない場所はハウスクリーニングで綺麗にしてもらったほうが良いです。ハウスクリーニングを利用すれば、短時間で綺麗にできるので、すぐに内見ができるようになります。

すぐに買主が見つかる内見のコツ

いつでも内見ができるようにしておく
物件購入を考えている方が現れたらすぐに物件を紹介できるように、内見ができる状態を維持しておくことはとても大切です。内見を申し込まれてから準備を始めると時間が経つごとに購入希望者の気持ちが薄れてしまい、物件を手放すチャンスを無くす可能性があります。内見の希望が多く入りやすい週末はスケジュールを空けておくのが最適です。
売主は内見に立ち会わない
内見を行なう際は物件を細かくチェックしてもらうために、売主は部屋の外で待機しておく必要があります。そのまま室内にとどまると購入希望者が物件をきちんとチェックできず、購入をやめてしまう可能性が高いです。場合によっては上から目線で物件紹介を行なってしまうこともあるため、内見を実施する際は購入希望者への対応に注意しましょう。
内見者をバッティングさせる
内見の時間を一部重ねて実施すれば、購入希望者との対応を行なう時間を短縮して売主の負担を軽減することが可能です。またこういった対応は物件の購入希望者が複数いることをアピールし、購買意欲を刺激することにも最適です。うまくゆけばそのまま交渉へと進ませ、なるべく早いうちに物件の買い手を見つけることができます。
魅力的に見える演出を行なう
室内の状態を清潔に保ったり、照明を明るいものへと交換したりしておけば物件のイメージを改善することができます。静かで温かみのある室内空間を維持していれば、購入希望者が部屋をチェックしてそこでの新生活をイメージすることが可能です。それぞれの物件を魅力的に見せることができる雰囲気作りを行なうことはとても重要な対策です。
時間帯に配慮する
昼や朝などの時間帯は日光が部屋の中へと多く降り注ぐため、物件をチェックする購入希望者に良いイメージを与えやすい時間帯です。そのため購入希望者から内見の申し込みが行なわれた場合は、朝や昼などの時間帯にスケジュールを立てるのが一般的です。現に不動産会社の多くはこういった時間帯に物件の内見をセッティングしています。

内見に来る購入希望者に合わせて家を空けたり、バッティングさせたりするなどのスケジュールを立てれば、スムーズに売却できます。

TOPボタン